ムダ毛を自己処理する事のリスクについて

今では女性の身だしなみの1つとも言われている「ムダ毛処理」。
経験した事が無い方はいないのではないかと言う位、多くの女性が経験あるのではないかと思います。
腕や脚、脇の自己処理の他にも、Vゾーン、Iゾーン(アイゾーン)、Oゾーン(オーゾーン)と言ったデリケートゾーンの脱毛をする方も増えていると言います。
そして手軽に自己処理が出来る方法として、カミソリを使用している方も多い様です。
手軽に、そして安く出来るので結構利用している方は多いと思うのですが、カミソリによる自己処理のリスクがどれだけ有るかご存知でしょうか。
カミソリや毛抜きを使用して自己処理を行う場合、その場はとても綺麗に仕上がると思います。
しかし長い間継続的にその処理方法を使用していると、肌が黒ずんできたり、角質層が剥がれて乾燥しやすくなってしまったり、毛が皮膚の中に埋没する様な状態になってしまったりと、自己処理が原因となって起こる肌トラブルが多くなってくると思います。
また、自己処理で行うムダ毛処理の多くは皮膚表面の毛を除去するだけになってしまい、直ぐに毛が生えてきてしまいやすいので、頻繁にムダ毛処理を行わなくてはならなくなると言うデメリットも有ります。
頻繁に処理をすると肌の傷付け具合も多くなりますのでちゅいが必要になります。
更にIゾーン(アイゾーン)やOゾーン(オーゾーン)といったデリケートゾーンも、粘膜があって弱い部分だけに自己処理を行う事で傷付けやすくなってしまうと言うデメリットが有ります。
この様に自己処理に関しては注意して行う必要が有るのです。