デリケートゾーンの各部位の脱毛の痛みについて

脱毛部位、脱毛処理方法によって感じる痛みは違いますし、人によって感じる痛さはバラバラです。
しかし痛みが有っても綺麗になりたいと言う美意識からデリケートゾーンの脱毛をする人が多いのも事実です。
水着を着る機会が増えるとVゾーン、Iゾーン(アイゾーン)、Oゾーン(オーゾーン)の3箇所をハイジニーナ脱毛をしたいと言う方も増えてきます。
デリケートゾーンは皮膚が薄い部分となる為、腕等の他の部位と比較して痛みを感じやすいと言う事は覚えておきましょう。
Vゾーンはデリケートゾーンの中でも脱毛をする人が多い部位です。
アイゾーン、オーゾーンは脱毛しなくても、Vゾーンだけはすると言う人は多いです。
しかしこのVゾーン、毛の形を整える位であればそんなに痛みは強くありませんが、毛が密集している部分を脱毛する場合には、毛が太くて濃いので痛みを感じやすい部位となります。
またデリケートゾーンの中でもアイゾーンは一番痛みを感じる部位だと言われています。
粘膜が近くにある事、敏感な場場所である事等がその原因だと言われています。
しかし最初にアイゾーンは痛いと言う事を覚悟していくと、2回目以降位になればその痛みにも慣れたと言う方が多いのも事実の様です。
しかしIゾーンを処理する事で、毛の密集率が少なくなり、通気性も良くなり、蒸れる事が少なくなり、衛生的な状態を保つ事がしやすくなります。
オーゾーンはとても痛みに個人差が出る所で、毛の濃さによって差が出やすいです。
この様に、デリケートゾーンは毛が密集している所、粘膜に近い部分が痛みが感じやすいと言う事がお分かりいただけるでしょう。