デリケートゾーンの脱毛の痛みについて

脱毛の季節になるとデリケートゾーンの脱毛処理をしてみようと思う方が多いと思います。
デリケートゾーンでもアイゾーンなど、普段自分で出来ない部位の脱毛処理をしようと思う方も多いと思いますが、実際デリケートゾーンの脱毛って痛みはどの位あるのか気になりますよね。
まず最初に言う事は「痛みには個人差がある」と言う事です。
他の人が大丈夫でも自分は痛いと言う場合も良く有ります。
更にデリケートゾーンの脱毛は足や腕の脱毛と比べて毛量が多い為、痛みを感じやすいと言うデメリットが有ります。
毛量が多いと言う事はレーザー照射が反応しやすいと言う事でも有ります。
メラニン色素が多いと言う事で、毛が濃い部分には反応しやすくなり、それに伴って痛みも多くなると言う訳です。
更にアイゾーンやオーゾーンは脱毛の反応が良いと言う事、皮膚が弱いと言う事も有り、痛みを感じやすい部分でも有ります。
デリケートゾーンに関しては、医療用脱毛の強い効果よりエステサロンの比較的弱い効果の脱毛の方が痛みが少ないと言う人もいます。
もちろん痛みを我慢して脱毛を行うと言う方もいますが、我慢しすぎずに出力を調整してもらって痛みを軽減させつつ脱毛をしていくと言う方法も有ります。
痛みには個人差が有り、全く痛くないと言う人もいる為、一概に言えませんが、施術している人に相談をして処理内容を少しずつ変えて行ってもらうと言う方法も有ります。
クリニックで脱毛をする場合には笑気麻酔ををして痛みを抑えると言う方法も有りますので相談してみると良いでしょう。